シミを消す方法や薬の効果、医薬品の通販購入サイト。人気の高いシミを消すためのシミ取りクリームを専門に販売。

シミが出来る原因とシミを消す薬の相性

シミはとてもデリケートなもの。いくらルミキシルやハイドロ4%のような強力な効果がある薬でも、ただベタベタと塗るだけでは100%の効果を発揮することはできません。シミ消すために正しい知識を身につけて下さい。そうすればきっとあなたの肌は生まれ変われることでしょう。もし間違った知識で薬を使うとお肌がもっと悲惨な目に合う可能性もありますが、ここでしっかり勉強すれば大丈夫。シミを消す薬を正しく使えるようになります。

シミを消す VS 紫外線

シミが出来る原因は主に紫外線です。シミを消す薬を使用する際もしっかり注意が必要です。本サイトでも人気の高いハイドロキノンが高配合されている薬などは、塗った状態で紫外線に当たると毒性の物質に変化してしまうため日焼け止めをしっかりと塗らなければなりません。薬によってはこういった対処が必要となることをよく覚えておいて下さい。また、たっぷり保湿、とりあえず乾燥させないことも必要なため、紫外線は避けて下さい。極端な言い方をすれば”紫外線は敵”と思っていいです。たとえ日差しが良く気持ちいいなと感じても、シミのためならと心を鬼にして浴びないように心がけましょう。

シミを消す VS 痒み

掻くと色素沈着してしまうので絶対に掻かないで下さい。シミを治すための薬は多少刺激を感じることもあります。ですが、せいぜいチクッとする程度で決して激痛が走るとかそういったことはありません。基本的には蚊に刺されるよりガマンできる程度の痒みと思って下さい。(※もし激痛が走る場合はすぐに使用を止めて下さい。それはシミを治している場合ではありません。病院へ行かなくてはいけないレベルです。)

シミを消す VS 薬の量

薬を使う量ですが、これは適量が一番。そして一番難しい。適量って具体的に何ml?とお答えできればいいのですが、やはり人それぞれ肌の状態やシミの大きさ、シミの年月によって変わってくるのでハッキリとはわからないのです。本サイトで紹介しているルミキシルやハイドロキノンは成分がとても強い薬です。日本で市販されているシミ対策化粧品などとは比べ物にならないほど少量で効きます。ですので最初は薄く伸ばす程度、シミに対してピンポイントで軽くのせる気持ちで良いです。大体の方はそこから徐々に塗布の量を増やしていっていくスタイルをとっています。最初は薄く。臆病なくらいチョコっとつける。そんなイメージで始めれば大丈夫です。

シミを消す VS ストレス

ストレスがシミの原因となっているのはよく知られていることだと思います。薬を使う上でこのストレスをうまく発散しましょう。精神論のような部分になってしまいますが、シミを消す薬を利用していることを楽しく感じて下さい。「これでシミが治るんだ」「シミが消えたらすごく嬉しいな」と期待感を持って生活をして下さい。ストレスを抱えるというのはガマンを抱えているということです。シミがあることもストレスの一つ。今あなたは薬を使うことでこのストレスから開放されようとしているんです。すぐに前向きに考えられない方でも、ほんの少しでいいのでこういった思考を持ってみて下さい。大事なことです。

シミを消す VS 肌の露出

薬を使っているから肌をガンガン露出して良いというわけではありません。シミ対策として基本的なことはしっかり守りましょう。とにかく露出する面積を少なく、ハンドグローブや帽子、長袖シャツで防護することを心がけましょう。しっかりと肌を守った状態でのクリーム塗布が一番効果的であり、シミが消えるまでのスピードアップにも繋がります。シミを早く治すコツは肌を過保護に保つこと。薬を使っても油断せず、露出は控えめにして下さい。

シミを消す方法 薬の効果 通販購入 TOP【特集1】 激安購入!人気ランキング1位「ハイドロキノンクリーム」【特集2】 シミを消す効果に期待できる薬 ハイドロの17倍美白効果「ルミキシルクリーム」通販で購入可能なシミ対策の薬シミを消す方法 薬の効果 Q&Aシミの原因と薬の相性

このページの先頭へ